離婚協議書作成への道しるべ ご依頼・ご相談窓口


ご依頼・ご相談への流れ

原則として、下記記載の3つの方法によります。
メールやフォームは24時間いつ送っていただいても構いません。
電話での問い合わせ・相談・ご依頼は、原則として受付時間内にお願いいたします。ただし、予約さえいただければ休業日・受付時間外でも対応できますので、あらかじめメール等でご予約ください。メールの場合は、私からの返信等をもって予約成立といたします。


ご相談に際しての注意

夫婦問題全般についての相談をしています。
ただし、以下のことに関してはお答えできませんので、ご了承ください。
 離婚 相談すでに紛争状態にあり、円満な離婚は難しいと思えるもの
 離婚 メール相談調停離婚・審判離婚・裁判離婚について
 離婚 電話相談慰謝料や財産分与等の具体的な額の算定
 離婚 電話相談税金や登記の仕方等の法律で規制されていること
 離婚 相談国際離婚について
 離婚 相談書類作成に付随しない法的な相談
 離婚 相談弁護士法に抵触すること
 離婚 面談相談その他お答えすることが適当でないもの(該当すればお知らせいたします)

相談に関しての回答については、自己責任の上で御活用ください。なお、同業者の方からの相談はご遠慮ください。

ご依頼に際しての注意

・当事務所は、行政書士事務所です。裁判所関連は取り扱うことができません。
ご希望であれば、簡単な交渉の基本もお教えいたします。

・大きく力を入れていることは、あなたのその辛かったり不安な気持ちをしっかりときくという相談です。
もちろん、相談つきのご依頼であればすべてその対象です。

・あなたの代わりに相手と示談交渉をすることはできません。

・可能な限り様々なご依頼を受けられるようにしています。まずは、「こういった依頼は受けてもらえるのですか?」と、ご依頼できるかどうかお問い合わせください。

・夫婦関連問題は、完璧な解決というのはなかなかありません。私ができることは、あなたの話を聞き、離婚協議書等の各種書面を作成することです。


離婚協議書の作成等の各種ご依頼への流れ

離婚協議書作成依頼 まずは、電話・メール・フォームで、ご依頼又はお問い合わせください。

離婚協議書作成依頼 メールやフォームの場合は、こちらより確認のメール(問い合わせの場合は、その回答)を送ります。
ご依頼ということであれば、依頼に応じて報酬の全部又は一部を振り込んでもらいます。この部分は、途中でキャンセルしてもお返しいたしません。

離婚協議書作成依頼 ご依頼開始後は、詳しく状況を把握する必要がありますので、メールや電話での打ち合わせや相談をしながら状況を確認をさせていただきます。必要に応じて、各種資料を提出してもらいます。

離婚協議書作成依頼 依頼内容が完了したら、残りの報酬があれば報酬と実費を振り込んでください。

離婚協議書作成依頼相手に離婚協議書を作ることを納得させるには、自分の請求を確保するためであることを主張せず、離婚協議書を作成することによって、離婚後に自分からの請求を防ぐこともできるトラブル回避の手段であり、面接交渉をきちんと離婚協議書に記入しているならその証拠でもあると、相手にもメリットがあると思わせることです。

1.お電話でのご相談・お問い合わせ

TEL 050-1030-7109
(受付時間 火曜〜土曜 10:00〜

2.E-mailでのお問い合わせ

mukyajim☆ybb.ne.jp(☆を@に変えてください)

3.オンラインでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合せはこちらのフォームからも承っております。下記のフォームに必要事項を入力の上、「送信」ボタンを押してください。原則、送信日から3営業日以内にご返答致します。送信したのに、期間経過後も返信がない場合は、届いていない可能性やリフレッシュ休暇中という事がありますので、再度送信をお願いいたします。ただし、フォームからのメール相談と解されるものについては、メール相談料をいただきます。
メールアドレスを間違えないよう、必ず確認をお願いいたします。

お名前(必須)
注)名字と名前の間にスペースを入れてください
E-mail(必須)
注)半角英数字でご入力下さい。

注)確認用です。
ご住所(必須)
市町村以下
電話番号(必須) - -
例)03-0000-0000
内容(必須)
お問い合せ・ご相談内容
ご依頼内容

(必須)