離婚専門行政書士向井謙彰のプロフィール

離婚専門行政書士向井謙彰

所長:行政書士 向井 謙彰(ムカイノリアキ)

 ブログはこちら

夫婦関連問題は、あなたが思っている以上に非常に複雑で難解です。 そして、大きな精神的負担になります。私は、できるだけ相談者の話を聞くことを心がけています。たとえば、離婚と関係ない夫婦関係における愚痴を聞く相談も行っています。これにより、少しは不満が解消され夫婦関係の破綻防止になると考えているからです。 もちろん、離婚協議書内容証明などの必要書類全般の作成もしております。 夫婦関連問題で、お困りの方は、ぜひ、気軽にご相談ください。

経歴

1973年8月岡山県倉敷市にて生誕
1992年3月岡山県立児島高校卒業
1994年4月岡山商科大学商学部入学
1998年3月岡山商科大学商学部卒業
2000年1月行政書士試験合格
2001年12月社労士試験合格
2002年8月行政書士事務所開業
2003年12月アジアな季節をOPEN
2009年1月事務所を児島駅前に移転

所属行政書士会

岡山県行政書士会

所属研究会

商法研究会

夫婦問題専門行政書士向井謙彰の考え方

私は、当然と言うか品性のない人は大嫌いです。 たとえば、すぐ大きな声を出して威圧をかけるやくざのような人間は消えればいいと思っています。 他にも、車からタバコやゴミを平気で捨てるような輩もどういう神経をしているか疑問でなりません。

要するに社会道徳を著しく逸しているような自分勝手な人間は嫌いということです。

私は争いは好きでありません。ですので、上記のような下品な言葉を使ったり、高圧的な態度を取ったりする依頼者は、争訟性ありとみなして、依頼をお断りさせてもらってます。

離婚においては、私は、明確な理由がない限りは、もうちょっと考えてから結論をだしましょうというスタンスを持っています。 ですので、第三者的な立場で冷静な相談役になれるかと思います。 もちろん、逆に離婚したくないと考えている人でも、状況に応じては離婚と言う結論の背中を押すこともあります。

向井謙彰法務事務所は、協議離婚を主に取り扱っています。 個人でしている小さな事務所のため、全依頼、私が誠心誠意対応いたしますので、大きな事務所によくある補助者が対応するということもありません。ゆえに、補助者から秘密が漏れることもありません。
もちろん、専門家によくありがちな偉そげな態度や話を聞かないなんて事はありえないと思っていますので、決してそんなことはありません。少しでも安心してとっつき安く相談していただけるように心がけています。

当事務所の特色としては、まず、依頼者が何を一番に優先したいかということを確認します。 その上で、私なりの作戦や案を提案します。

熟年離婚においては、この交渉の仕方や作戦で状況が変わってきます。 例えば、まず、ドアインザフェイステクニックで「慰謝料300万円欲しいけど、今認めてくれるなら200万円でもいい」と第一段階を踏み、次に「年金を分割してくれるなら、慰謝料はなくてもいい」と持ちかけ、年金分割をゲットしてしまう作戦などもあります。もちろん、そんなに簡単にはいきませんが・・・。

あと、大きな特徴として、思いつめている依頼者が多いので、しっかり話を聞くことをポリシーとしています。元祖メル友顧問がいい例です。電話相談においても同様です。

離婚にともなって、嫌なことやつらいことはいっぱいあります。離婚協議書の作成依頼を受けていて、そんな今の状況や、つらかったり不安な気持ちをしっかりきいてほしいのではと感じることが多々ありました。 なのに、多くの法律家の先生がやっている顧問は、法律の事をメインに聞くという顧問になると思います。

それでは不十分だと思い、今のつらい気持ちや不安な気持ちをしっかり聞くことを前面に出した電話相談やメール顧問があってもいいと思い、はじめました。法律とともにそんな思いもぶつけてください。 例えば、「今日だんなに、こんなひどいこと言われた。ひどいでしょ。先生はどう思います?」なんて感じで。

また、とことん円満離婚にこだわっているために、少しでもスムーズな離婚交渉を行えるよう使えそうな簡単な心理テクニックもお教えします。

ただ、円満離婚にこだわっているため、すでに争いがおきている方は、当事務所ではお断りさせていただいています。 目安として「意地でも、慰謝料200万円取ってやる!!」という人でなく「慰謝料200万円もらえたらいいな」という譲歩できる人は、ぜひ当事務所にご依頼ください。

離婚専門行政書士向井謙彰の経緯

私、向井謙彰(むかいのりあき)は、昭和48年8月5日岡山県倉敷市にて生まれました。

児島小学校・児島中学校・児島高校と児島尽くめで学んできました。

その後、1年間は東京都練馬区で新聞奨学生として1年間浪人生活を送るが、東京の魔力に見事にはまってしまい、ろくに勉強をしなかったため目指す国立大学には合格できず、岡山に帰郷。 余談ですが、東京の前後も含めて新聞配達のアルバイトは9年弱やっていました。これは、私の誇りになっています。

帰郷してから、独学でもう1年間浪人するが、結局目指す国立大学には合格できず、滑り止めで受けていた地元の岡山商科大学商学部に進学。 大学は順調に4年間で卒業。卒業後、アルバイトをしていたピザ屋に就職。 ですが、社会の理不尽さと厳しさを知り、一念発起して行政書士試験を受験するために退職。 退職後、アルバイトをしながら大栄国家資格学院にて勉強。平成11年度試験に見事合格。

合格率4.3パーセントの難関をを見事1回目の受験で合格できたのは、大栄で教えてくれたM先生の、私が「一回で合格しようとは思ってないんですよ。2〜3年かけて合格できたらいい」という話に対しての「1回で合格するくらいでやらなければ絶対ダメ!!2〜3年かけてなんて言ってたら一生合格できない。そんな甘い試験じゃない!!」というお叱りでした。 これによって、人生ではじめて本気で勉強をしました。

行政書士の資格を取った後も、勢いで社労士の資格も取得しようと、そのまま大栄で勉強を開始。 平成12年度の社労士試験は1問足らずで足きりをくらい惜しくも不合格。平成13年度の社労士試験で2回目にして合格。

平成14年8月1日に行政書士登録完了。自宅の1室を改造して開業。
平成15年10月17日に有限会社を友人3人と設立し、同年12月に創作居酒屋「アジアな季節」をオープンさせる。
アジアな季節での立場は、出資者兼経営陣です。現在は顧問という形をとり、会計・法務などの経営全般に関わっています。週末の夜は、スタッフとして入ることもあります。

平成16年4月に旅人宿「倉敷ライダーハウスきらく」を友人を口説いてオープンさせる。現在、広報を担当しています。
平成16年5月に協議離婚専門行政書士を名乗る。
平成17年2月14日に事務所のホームページ「円満離婚への道しるべ」をアップし、離婚専門行政書士として加速する。
平成17年5月「アジアな季節岡山西口店」をオープンさせる。
平成21年1月事務所をJR児島駅前に移転。
平成24年8月株式会社ファンジョイライフ設立

現在に至る。

趣味

私は結構多趣味です。

なんと言ってもまずは、旅です。旅行じゃなく旅です。バイクでの一人旅は最高です。 一人旅では様々な出会いがあります。それがまたたまりません。

旅と関連するのですが、登山が好きです。いろんな山を登っています。 槍穂縦走もしてますし、大山剣が峰も登頂しました。 次なる大きな登山の目標は、子供の頃からの憧れであるアフリカ最高峰キリマンジャロ山への挑戦です。 ※平成25年にキリマンジャロ登頂成功!!

旅が好きにやっぱり関連するのですが、アウトドア全般大好きです。当然ですがキャンプも好きです。 スキーもしています。最近はパラグライダーとダイビングに興味を持っています。 もひとつ子供の頃から地図が好きでたまりません。高校の時の好きな科目はもちろん地理でした。これが旅が好きになった根本的な原因かもしれません。

柔道も29歳の時から始めました。少しはかじってはいたのですが、本格的にはじめました。 何とか初段は取れたので一応黒帯です。最近は忙しくてめったに行けませんけど・・・。

ボウリングもよくしています。もちろんマイボールです。大会もたまに出ています。 ただ、最近は忙しくてあんまり行っていません。 健康と体力維持のためにウォーキングもしています。筋トレも週3回はしています。 カードマジックも好きです。かなり本格的です。パスやシフトの高等技法も使えます。 人を笑わせるのが好きです。お笑い番組もよく見ています。ボケもツッコミも大阪人なみにします。

最後ですが、お酒飲むの好きです。だから友人を呼んでバーベキューとかよくします。 というか楽しいことは大好きです。 そして、人を楽しませるのも好きです。イベントを催して人を楽しませるのも趣味のひとつかもしれません。